ロックセキュア

Home > 暮らし> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

住宅に置けるドアとは、その住宅への入口にあたるため大きな印象を与えることが多いです。住宅の外観は覚えていなくてもドアの雰囲気を覚えている人は結構多く、変わったドアを持つ住宅の印象は強く残り続け、話の話題になることもあります。それだけ注目されるドアですが、多くの場合カギが付属されています。大きなカギから小さなカギ、それからオートロック機能付きなどがありますが、どのカギも魅力的であること間違いありません。もちろんカギであるため、セキュリティー面に気を使う必要がありますが、それ以上に印象に残るカギを取り付けたいと考えているなら、ここで紹介するロックセキュアにカギの取り付けを依頼すると良いです。なぜならロックセキュアでは訪問時に、幅広いメーカーの多種類のカギを持ち込み、1つずつ紹介をしていくからです。専門のアドバイザーの元、設置するドアに最適なカギを提案することになり、またお客様からの要望にも柔軟に対応できます。ドアに取り付けるカギを決めたあとは、見積もりや工事のお願いをすることになりますが、ロックセキュアの対応はとても丁寧で、工事当日はとても優しくそしてわかりやすい特徴があります。またアフターフォローにも期待することが出来、他事業者を間に挟むことがないため、気軽に意思疎通を図ることが出来ます。ロックセキュアに依頼することができれば、最適なカギを選択してくれるだけでなく、その住宅にあったカギを紹介してくれます。先程も言ったようにドアのカギはその住宅の印象を大きく変える存在です。不細工なドアにしたくないのであれば、最初からこのロックセキュアに依頼するのが一番でしょう。なおロックセキュアでは工事後に必ず自社発行した保証書を渡すようになっています。アフターフォローで使用するかもしれない大切な保証書なので無くすことなく大切に保管しておくようにしましょう。保証書があることで、心から安心して依頼することが出来ます。
[関連情報:ロックセキュア
PAGE TOP ↑