さやま保育園ふじみ

Home > 学び> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

子供の狭山市での保育園の入園が決まって、子供も入園を楽しみに待つ日々はウキウキしますが、親は子供のための準備に取り掛からなければなりません。今まで狭山市での保育園に入園する準備について知らなかったママたちは、子供が入園をするにあたり準備するものが意外と多いことに驚きます。すでに上のお兄ちゃんやお姉ちゃんが狭山市の保育園へ通っている先輩ママならわかっていることですが、初めて子供の通わせるままにとってみると、入園準備は大変ということになりかねません。ただ通えばよいわけではなく日々の着替えの準備も必要ですし、まだ小さな子供なのでお昼寝の時間もあるため、布団のカバーも用意します。お弁当を持参する氷魚のためには、お弁当にかかわるグッズの用意も必要ですし、ママ手作りのものもあるので休む暇はありません。保育園の持ち物準備は基本的に大変ですが、過ぎてみればあわただしい中でもあっという間の子供のいる時間ですから、ママも楽しみながら挑戦をすることです。入園に際して用意をしなければならないリストを確認すると、子供にはこんなに必要なのかとぼうぜんとしますが、どこでも代替入園準備とはそんなものであり、多少の驚きはあります。だからといって毎日準備したものを全部一通り持参するわけではなく、基本的には洗濯物とストック品がメインです。ほとんどの園では子供が洋服を汚した時の着替えを、事前に預けておくシステムにしているので、福を汚しやすい子供の着替えをあらかじめ預けておきます。必要に応じて着替えをして汚れた服を持ち帰り、その翌日には選択した着替えを持参して、子供の汚れ対策は万全です。お昼寝も必ずするのが子供たちなので、布団カバーやパジャマなどは特に汚さない限りは、決めた曜日に持ち帰って選択してまた持参をします。タオルやおむつ類の同様に保育園側で預かってくれるケースはあるので、毎日子供に持たせる荷物がかなり多くなるという心配はありません。
PAGE TOP ↑