クリエイト・エム・ビザインフォメーション

Home > 嗜好> クリエイト・エム・ビザインフォメーション

オーストラリアETAS申請代行!即日登録完了! お一人様600円 | クリエイト・エム


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

オーストラリアETAS申請代行は、格安(600円)、便利(緊急時にも即対応、追加料金なし)、営業時間内なら即日申請完了。公式ビザ番号発行で登録後の確認も簡単。領収書発行可、FAX、郵便での申込も可能。公式サイトより安い!旅行会社の安心登録です。

オーストラリアビザで有名なのは、ETAS(イータス)と呼ばれています。これは電子ビザの一つで、主に観光目的や短期間の就労(いずれも3ヶ月以内で、観光ETA、商用ETAと分けられます。)に適用されます。申請はオンライン上でできますので、インターネットのサイトから申込みができます。主な申込条件として挙げられるのは、健康で過去の犯罪歴がなく、パスポートを所持していることです。ネットに記載されている必要事項に記入していき、クレジット情報を入力し不備がなければ、申請完了後にクレジットから引き落とされます。申請手数料自体はかからず無料と謳っていますが、システム利用料というものが発生しますので、そこは注意が必要です。料金は20ドル(日本円で約2000円程)となります。支払いはクレジットでのみになりますので、持っていない個人の方は旅行会社か代行業者、ビジネスの方は自社等からの申請をします。旅行会社や代行業者に依頼すると、申請書にかかる20ドルとは別に発行手数料がかかってきますので、それぞれの料金を確認することをおすすめします。ネットでも業者でも申請の際にはパスポートが必須になりますので、準備をしておきましょう。ETASとは別に、eVisaと呼ばれるオーストラリアビザもあります。こちらは日本語ではなく、ほとんどが英語での申請、やり取りになりますので英語に自信がある方は個人で申請も可能です。自信がない方は業者にお願いするのが無難でしょう。eVisaからも観光や短期商用ビザが取得できますが、主に長期滞在するビジネスマン、学生がこちらを取得することになります。学生ビザを例にとって見てみますと、国が認定した指定学校で学ぶことが主な取得条件となります。その他入学証明書やパスポート等も必要です。発行手数料が初回は560ドルかかり、こちらも全てクレジット決済です。学生ビザが取得できると、週20時間までなら労働が可能ですので、学校に通いながらバイトでお金を稼ぐこともできます。オーストラリアビザを取る予定の方は目的に合わせて事前に確認をしておきましょう。
PAGE TOP ↑